唐突だが、ソーセージが好きだ。
そのままでも、おやつやつまみになる。
手間要らずなのが良い。

筆者にとって、ソーセージとは「魚肉ソーセージ」を指すのだが、
正式には定義が違うようだ。

早速、グーグル先生にお尋ねした。
「ソーセージ」と「ウインナー」 の違いについての記事を見つけた。
受売りであるが紹介したいと思う。

ソーセージとは、肉に香辛料や塩などを混ぜてケージングと呼ばれる皮に詰めたものと定義がある。
ソーセージはJAS規格により、ウインナーソーセージ、フランクフルトソーセージ、
ボロニアソーセージなどに分類される。
つまり、ウインナーはソーセージの一種と言うことになる。

ソーセージには様々な種類がある。
代表的なのは以下の通りだ。

ウインナーソーセージ
羊腸または直径20mm未満の人口ケージング(皮)に詰めて加工したもの

フランクフルトソーセージ
豚腸または直径20mm以上36mm未満の人口ケージング(皮)に詰めて加工したもの

ボロニアソーセージ
牛腸または直径36mm以上の人口ケージング(皮)に詰めて加工したもの

ドライソーセージ
セミドライソーセージ…乾燥させたもの

「赤ウインナー」を「タコさん」にして弁当に入っていた記憶が蘇る。

当社、公式ホームページはこちら…